美容外科のプロフェッショナル 田中院長の田中式 豊胸術について

田中真輔医師が手掛ける胸の手術について詳しく解説!「田中式」と呼ばれるオリジナル術式のポイント、そこに込められた患者様への思いなどをご紹介します。

豊胸術について

豊胸術は大きく分けて、シリコンバッグを用いる人工乳腺法、自分の脂肪を用いる脂肪注入法、ヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注入法という3つの方法があります。城本クリニックでは患者様のご希望やご要望、体型などに合わせて最も適切な手術法をご提案・実践しております

脂肪注入による豊胸術

脂肪注入は、ご自身の脂肪を吸引採取し、ボリュームが必要な部位に移植するという施術です。もともと脂肪のある部位に移植された脂肪細胞は、最終的に周辺の組織に生着します。生着しなかった脂肪は時間と共に吸収されてしまいます。そうなるとお胸のサイズや形が元に戻ってしまうため、その生着率(脂肪が注入された場所で生存していく確率)と注入部位に新たに脂肪が生育するより良い環境が脂肪注入の重要なポイントとなります。

以前の術式では生着率が30~50%程度で、生着しなかった脂肪が石灰化してしこりが発生するリスクも高いとされてきました。その大きな原因は、注入する脂肪に不純物が含まれているためでしたが、近年はその不純物を濾過したり脂肪細胞を濃縮したりする技術が進み、生着率の改善・リスク低減が実現しました。さらに、吸引した脂肪から抽出した脂肪幹細胞と合わせて注入する幹細胞豊胸など、より生着率を向上させるような新たな術式が開発されています。

人工乳腺法と違って、注入する脂肪組織の生着率には限界があるため、バストを希望通りの大きさにできるとは限りません。ただ仕上がりが自然で違和感もなく、最近の術式ではしこりに悩まされることもほぼ無いなど、メリットも大きい究極の豊胸術とも言えます。ご自身の脂肪を使用するため、アレルギーなどの拒絶反応が起きることもなく、異物を体内に入れることに抵抗を感じるという方にもおすすめできる施術です。

症例写真

ピュアグラフト豊胸手術とは

脂肪注入豊胸の一つであるピュアグラフト豊胸手術は、脂肪細胞にダメージを与えることなく不純物を除去し、純度の高い良質な移植用脂肪細胞を注入してバストアップを図る豊胸手術であり、FDA(米国食品医薬品局)やCE(欧州品質基準)、厚労省の認可を得ている安全な治療法です。

高性能特殊フィルターを持つ脂肪組織濃縮容器<ピュアグラフト>を使って、吸引したご自身の脂肪から不純物を除去し、幹細胞や各種成長因子を含む純度の高い良質な移植用脂肪細胞を抽出します。コンデンスリッチなどの遠心分離機を使用する方法に比べると衝撃を与えにくいため、脂肪細胞に劣化がほとんどありません。抽出にかかる時間も15分程度と短く、より新鮮な細胞が精製できるので、お身体にかかる負担が軽くダウンタイムも短くなります。

抽出された純度の高い脂肪細胞は、細かく一定に注入する機器(セルブラシ™)を使ってバストに注入していきますので、「谷間がほしい」「サイドのボリュームを出したい」などご自身の希望に合わせてバストラインを細かくデザインすることができます。生着後は非常に自然で柔らかく、質感も申し分ありません。細かく注入することにより、シコリができることも殆どありません。

ピュアグラフト豊胸手術とは

田中式ピュアグラフト豊胸手術のポイント

ピュアグラフトを用いた脂肪注入豊胸術は、従来の脂肪注入法に比べて生着率が改善された治療法となりますが、さらに向上させるために、田中式ピュアグラフト豊胸手術では様々な工夫をしています。

  1. ①脂肪吸引の時に吸引圧がなるべくかからないよう調節しながら行います。脂肪吸引は吸引圧を高くすると短時間で多量に脂肪を吸引できるため、手術時間は短く済みますが、脂肪細胞へのダメージが大きいため生着率は下がり、術後3ヵ月以降に急激に脂肪が減少しやすくなります。脂肪吸引による痩身効果やボディメイク効果はしっかりと出しながら、脂肪細胞へのダメージが最小となるよう、シリンジで吸引する圧と同等になるよう吸引器の圧を調整しながら脂肪吸引を行っています。
  2. ②脂肪吸引の時に超音波を使いません。脂肪吸引では、超音波の機械を使用した方が手術時間は短くなりますが、脂肪細胞にダメージを与えることとなります。脂肪細胞へのダメージをなるべく少なく、生着率が向上するよう、超音波の機械を使用せずフリーハンドでフェザーリングバーにより脂肪を充分ほぐし、脂肪吸引を行います。
  3. ③Direct Harveset Systemでピュアグラフトを使用し、吸引した脂肪が一切空気に触れないよう管理して吸引~注入まで行います。脂肪細胞は空気に触れると酸化による劣化が進む非常にデリケートな細胞です。せっかく採取した脂肪が酸化により劣化してしまうことや感染リスクがないよう、一切空気に触れないようDirect Harveset System(閉鎖式回路)にピュアグラフトをセットし、採取した脂肪を丁寧に洗浄、加工しています。
  4. ④麻酔科医による全身麻酔管理のもと手術を行います。血圧の管理が適切に行われるため、静脈麻酔や吸入麻酔に比べて手術中の出血量が少なく、不純物は減少します。脂肪細胞へのダメージも小さくなるので、生着率が向上します。
  5. ⑤注入した脂肪がしこりにならないよう、何層にも分けて少量ずつ積み重ねるように注入します。脂肪注入は多量にまとめて注入した方が手術は短時間で終わりますが、脂肪細胞が死滅しやすく、しこりの原因や生着率の低下につながります。セルブラシ™という脂肪注入専用の器具を使用し、0.3mlずつ注入していきます。注入する層にもこだわり、大胸筋下、大胸筋内、乳腺下、皮下に分けてミルフィーユのように積み重ねるように注入することで生着率も向上し、より自然な触感のバストに仕上がります。
  6. ⑥術後管理術後の管理も大切であり、患者様に注意して頂きたいポイントを丁寧に説明しています。詳しくは無料カウンセリングにお気軽にお越しください。
  7. ⑦術後経過一般的に、脂肪注入症例で術後経過が1〜3ヶ月程度の症例写真が多く見られます。1〜3ヶ月での脂肪注入の経過が良く見えるのは当たり前です。この後より脂肪の定着の真価が問われます。私たちは6ヶ月、12ヶ月、数年後にいかに形の良いバストを維持できるかを目指しております。

脂肪幹細胞・b-FGFの添加について

もともと再生医療に関心があり、学位取得の研究テーマに骨髄幹細胞による骨再生を選んだという田中院長。再生医療を美容医療にも取り入れていきたいという思いが強く、その一つとして幹細胞を使ったピュアグラフト豊胸術の研究を重ねてきました。吸引した脂肪の一部から移植用脂肪細胞を抽出し、幹細胞を分離して取り出し、脂肪と混ぜてバストに注入する術式です(CAL:Cell-Assisted Lipotransfer)。幹細胞を脂肪と同時に注入することによって、幹細胞が分化し脂肪細胞の一部を構成するようになるため、生着率が極めて高く持続期間を長くすることが可能です。しかしこの方法では、脂肪量が少ない患者様の場合、注入脂肪量が減少する問題があります。

脂肪幹細胞の代わりに成長因子であるb-FGFを混合して注入する方法があります。b-FGFは脂肪幹細胞数を増やし血管再生を促す働きがあります。特別な機器を使わなくても同じ結果が出せるよう臨床を進め、脂肪量の確保と定着率について、これまで良い結果を得ています。
この【田中式b-FGF添加ピュアグラフト】は2021年の日本形成外科学会・日本美容外科学会で発表され、多くの注目を集めました。

胸の手術について

田中真輔医師豊胸術は、代表的な美容外科手術の一つとして、これまで様々な方法が考案されてきました。理想的な乳房の完成には、形状だけでなく触感も重要な要素となりますし、授乳の影響や経年劣化までを考慮し、治療法を選ぶ必要があります。
より自然でより美しいバストを実現できるのは、多くの経験を積み、確かな技術が備わった専門医のみです。城本クリニックでは様々な豊胸術を取り入れて、患者様のご要望や体型などに合わせた適切な治療法をご提案させていただきます。

田中真輔医師

これまで多くの患者様のお悩みを共有し、その解決のお手伝いをしてきた田中院長。的確な治療で理想の結果を導き出すために、良い方法・術式を常に取り入れながら、より良い結果を求めて最前線でチャレンジを続けています。
お胸の悩みを抱えていらっしゃる患者様は、田中院長のカウンセリングに是非お越し下さい。
城本クリニックは施術担当医師を無料でご指名いただけます。ご予約の際、お気軽にお申し付けください。