美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
わきが・多汗症の手術方法
現在の日本で行われているわきが・多汗症の手術は、大きく分けて以下の5つに分類されます。
直視下摘除法(剪除法)
最も効果が高い方法で、広く行われています。皮膚を3〜4センチ切開し、皮下組織内のアポクリン汗腺を目で確認し、これを取り除きます。
直視下摘除法(剪除法)
つまり、手術するドクターが直接目で確認できるのは剪除法だけで、その結果として完治率が高くなります。

しかし一方で、アポクリン汗腺を見分ける経験や知識も必要で、担当する医師の技量でも差が出る手術です。

この直視下摘除法では、左図の層(色がついている部分)のアポクリン汗腺を取り除きます。
皮膚切除法
ワキの下の有毛部の汗腺や皮脂腺、毛根を単に切り取り、縫い合わせるという手法です。
傷が大きくなることと、ひきつれを起こしたり辺縁部に取り残しを発生してしまうことで、ほとんど行われていない方法です。
吸引法
ワキの下の皮膚を数ミリ切開し、そこからエクリン汗腺やアポクリン汗腺を吸引しようとする方法です。
皮膚の生着も早く、傷跡もほとんど残らないので考え方そのものは悪くないのですが、不確実なために再発が多く、あまり行われなくなった方法です。
超音波法
超音波を利用し、血管や神経を避けて汗腺のみを吸引する方法です。
当初は術後の血腫形成や皮膚壊死などの心配がなく、皮膚の生着も早いことから注目された方法ですが、やけどや組織内水腫の合併症の報告や超音波による熱が皮膚自体にダメージを与えるなど、通常の手術に比べて傷が残りやすいことがわかってきました。
さらに、超音波法は、吸引法の域を超えないので、やや不確実な方法といえます。
ローラーシェービング法(イナバ式)
汗腺を効率よく取るために考案された削除器を使用し、皮膚の裏側より汗腺を除去する方法です。
現在でも行われている手術の一つですが、直接、汗腺の残存を確認できないことから、効果という点では直視下摘除法(剪除法)に劣ります。
効率重視の場合に使用されます。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F