美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
ケミカルピーリング
古い角質を取ってつるつる肌になる
ケミカルピーリングとは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などの酸を塗り、表皮の古くなった角質を化学的に融解して剥離、除去し、肌を生まれ変わらせる治療法です。

ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトでは、クレオパトラが皮膚を滑らかにするために、乳酸のサワーミルクの湯に入浴していたと伝えられています。
その後、欧米での研究が進み、日本においては1994年よりケミカルピーリングが広まりました。

「酸」というと肌を溶かすイメージを抱きがちですが、実際は代謝の低下している肌に対して、角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくする働きがあります。
この治療に伴う軽度の炎症反応によって表皮再生を促進させ、さらには角化細胞の形状や配列を整え、角質層の構造および機能を改善させる作用が得られ、本来のきめ細かでハリのある肌の組織構成に戻す効果があります。

この作用により、しみやくすみ、にきびの改善に効果があります。
特に、にきびには高い効果が認められています。
ケミカルピーリングで肌の老化を防ぐ
お肌の老化は、25歳を過ぎた頃に始まると言われています。
ケミカルピーリング
しみ、しわ、肌のくすみなど、若い頃の肌とは比べようもなく多くなります。
これは、遺伝子に組み込まれた「加齢現象」と呼ばれる情報で、この情報によって皮膚の新生される速度が遅くなり、その結果、紫外線や活性酸素などで壊された古くて汚れた皮膚細胞が、角質として表面に残っている状態になります。

ケミカルピーリングは、にきびを始め、にきび痕、しみ、しわ、くすみ、開いた毛穴に効果的な治療方法です。
形成外科医によって研究開発されたフルーツ酸を使い、古い角質を取り除き、にきびをできにくくし、同時に肌に潤いを与え、皮膚の新陳代謝を促します。
高濃度のピーリング剤は、医師の指示のもとで安全に処方されます。
数種類のピーリング剤から、ひとりひとりの皮膚にあったものを使い分けるので安心です。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F