美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
メソセラピーの歴史
フランスにおいて、メソセラピーは40年も前からセルライト除去目的で使用されています。
メソセラピーの歴史
1952年にフランス人の医師Michel Pistorにより開発された治療法で、現在ではメソセラピーと定義されています。
元々、リウマチ、スポーツ外傷、感染症、および血管系疾患に対する治療法として導入されたもので、メソセラピーにおける微量注入方が、様々な美容面/老化防止(セルライト、脱毛症など)の治療に非常に奏効性が高いことが後に立証されました。

1958年に、中胚葉(メゾダーム)の組織へ複数回注入されたことから発達し、これらの治療法がメソセラピーと呼ばれるようになりました。

1964年、French Society of Mesotherapy(フランスメソセラピー協会)が結成されました。

1976年、The First International Conference on Mesotherapy(メソセラピーに関する第1回国際会議)が開催され、これがフランスにおいて入院患者にメソセラピーが最初に使用された年です。

多岐にわたる病状の治療においてメソセラピーの有効性が示されたことにより、1987年にフランス国立医学アカデミー(French National Academy of Medicine)に認証された治療として認められる結果となりました。

2000年前半に、米国におけるメソセラピーの先駆者的存在として知られるLionel Bissoon博士により、メソセラピーが米国に導入されました。
メソセラピーは米国で評判になり、続いてアジア諸国、日本国内においても簡単に行える治療法として広まりました。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F