美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
肝斑
俗にしみといわれるものの多くが肝斑で、顔面両頬部、前額部、口囲などに見られます。
対称性に境界明確な淡褐色〜褐色の色素斑で、表面は平坦であり、発赤、そう痒などの炎症症状及び自覚症状はありません。
思春期より更年期までの女性に多く、ときには男性にも見られます。
原因
女性ホルモンを主とした副腎皮質ホルモンを含む、内分泌機能の異常が原因の第一に考えられます。
また臨床経験から、慢性胆嚢疾患患者に肝斑が良く認められることから、消化器系機能障害が誘因になることもあるように思われます。

その他、紫外線に長時間照射されると肝斑が新たに発生し、既存のものは増強します。また、全身疲労やストレスなどが肝斑の原因を招くとも考えられています。
治療
低濃度のステロイド(副作用の少ないラクサンヒドロコルチゾン剤)含有の保湿性基剤のクリームを常用します。
また刺激がない場合には、3〜5%ハイドロキノンをステロイド剤に添加し、化粧時にのみ塗布します。

また、ビタミンCクリームも有効で、香料の強い化粧品や収斂化粧品など、刺激感のある基礎化粧品、メイクアップ用品の使用を中止し、外出時にはサンスクリーン剤、サンブロック剤を全般に使用し、その上に無香料、無刺激なファンデーション、パウダー、あるいはパウダーファンデーションでカバーし、紫外線を反射させることで色素の増加を防ぐことができます。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F