美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
雀卵斑
俗称そばかすと呼ばれるもので、学童期頃より顔面に多く、針頭大〜釘頭大の不規則な形態の淡褐色〜黒褐色の小色素班が対側性に現れます。
夏期に日光照射で増悪し、冬期には消退します。
その他、手背、腕、肩、背などの露出部に見られることもあり、思春期に顕著となることが多いです。
原因
優性遺伝であり、白人種に多く、従って黄色人種でも色白の皮膚に多発します。
治療
日光照射を避け、紫外線斜断剤、サンスクリーンクリーム(10〜15%パラアミノ安息香酸含有クリームなど)を用い、遮光力のあるファンデーション(カバーマークなど)を使って紫外線を防御します。

外用剤としては、特別効果的なものはありませんが、ビタミンCクリームで色を軽減することは可能です。
通常、三塩化醋酸塗布による焼灼を行うと、 7〜10日間に色素の部分は痂皮となって一緒に剥離します。
また、5%ハイドロキノン含有クリームの外用を試みても良いですが、刺激がない場合のみ継続使用します。

全身療法としては、ビタミンC(レアスコルビン酸)の内服、静注、皮下注が有効な場合がありますが、紫外線を防ぐ手段を徹底することも重要です。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F