美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
フェイスリフトの種類
同じ切開線でのフェイスリフトも剥離する層によって分類することができます(実はこの中身が問題で効果に大きな差がでてきます)。
皮膚のみのリフト
腫れないリフトとして宣伝されるクリニックもあるようですが、この方法は効果がほとんどなく、たるみがとれるどころか逆に耳が引っ張られる、傷跡が目立つなどの合併症が多く引き起こされます。
SMAS(表在性筋膜群)リフト
いわゆる一般的にちゃんとした方法として施術されるフェイスリフトです。
SMAS(superficial musculo-aponeurotic system)とは、帽状腱膜(頭部)- 前頭筋(おでこ)- 浅側頭筋膜(こめかみ)- 広頚筋(首)らと連続しながら、顔の広範囲に表在性筋膜群を形成します。

加齢が進むにつれ顔の皮膚だけではなく、顔の筋肉(表情筋)にもたるみが生じます。

皮膚だけでなくSMASも吊り上げないとたるみ取り(若返り)効果は少ないです。
皮膚はやや斜め上方に引き上げますが、SMASは皮膚を引き上げる方向よりも上方に引き上げます。
つまり、皮膚を引き上げる方向と、SMASを引き上げる方向は異なるわけです。
リガメント法
リガメント法リガメントとは顔に存在する靭帯をいいます。
SMASの解剖が詳細に検討されていく中で、顔に存在する靭帯についても徐々に明らかにされてきた最新の概念です。
リガメント法
骨とSMASや皮膚は実はretaining ligamentと呼ばれる靭帯(細いひも状の貝柱のようなもの)でつなぎ止められています。
この靭帯は太くはありませんが、各々が丈夫な構造をしています。

大きなものは右図のごとく、頬骨部、頬部、耳下腺部に存在します。
従来のフェイスリフトで耳の前の皮膚を引っ張っても、リガメントが抵抗となって前方のたるみを充分に引き上げることができません。
この靭帯を切り離さないと本当に効果のあるタルミ取りはできないとされます。

例えてみますと、ソファのクッションの生地がたるんできたので張りを戻そうと考えた時に、クッションがボタンで留まっていると想像してみて下さい。
リガメント法
ボタンを外さずに生地の端っこを引っ張ってみてもさほどの効果はありません。
ボタンを外して初めてタルミを取り除く事ができるのです。

リガメントはこのボタンと同じ様に、タルミを取り除く時の邪魔な存在となります。

リガメント法は最も効果の強いフェイスリフトといえます。
この方法は手術時間が長めになることと、SMAS法よりダウンタイムが少しだけ長めになりますが、効果は最強といえます。
長期的な効果を考慮するとメリットはとても大きなものがあります。

皮膚や筋膜はリガメントに比べると、簡単に伸びてしまう組織なので、引っ張っても後戻りがおきます。
皮膚や筋膜を引き上げた後に、一度切り離したリガメントを再度固定していきます。

リガメントは皮膚や筋膜とは比べ物にならないほど硬い組織のため、リガメント法でたるみを引き上げる術後の後戻りが起こりにくく、持続効果を延長させます。

靭帯を切り離すというと、スポーツ選手のケガで膝の靭帯損傷など怖いイメージが思い浮かぶかもしれません。
ところが顔の靭帯は存在意義が全く異なります。

膝の靭帯が切れたら百害あって一利なし、ですが、顔の靭帯は切ってはじめて効果あり、です。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F