美容外科/美容整形 城本クリニック
まずは御気軽にご相談ください
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
陥没乳頭形成術
乳頭(乳首)が乳房の方にへこんでしまっている状態を陥没乳頭といいます。
乳管(母乳の出る管)が未発達の為に長さが短く、乳頭の内側から糸で引っ張られたような状態になっている為に起こります。

また、脂肪塊の重みで乳管を引き込むとの報告もあります。
組織の癒着によっても起こるとされています。
授乳障害や乳腺炎の原因となる可能性があり、美容面でのコンプレックスを抱えている方も多いです。
陥没乳頭形成術
陥没の程度について
陥没の程度には種類があります。
刺激や吸引によっても埋没したままの状態を「真性」、刺激をあたえることで乳頭が出てくる場合は「仮性」といいます。

軽度な陥没(仮性)の多くは、乳頭周辺部の皮膚が堤防のように高まっており、中心部のみが陥没している状態です。
また、重度な陥没(真性)は、乳管束とよばれる組織が、乳頭を強く牽引しているために起こります。

程度の強い陥没ほど手術の対象となり、また、強い陥没ほど完全に突出した乳頭を形成することが難しくなります。
陥没の程度について
手術方法
手術は乳管を切る場合と切らない場合の2通りあります。
カウンセリングにより、お一人お一人に合わせた手術をします。

●乳管を切らない方法
乳管を切らずに乳管周囲を剥離し、皮膚を形成することで乳頭を表に出します。
陥没乳頭形成術のデザイン局所麻酔下にて、乳頭周囲を何カ所かでZ型に切開します。
その部位より皮下および乳頭周囲を十分に剥離し、乳頭の突出が十分な状態でZ型の切開を形成し、立体的に縫合します。
この後、乳頭が突出した状態で、乳管と皮下組織を癒着させることが必要であり、乳頭を牽引して乳頭の突出を保持するため、糸を取り付けます。
●乳管を切る方法
乳管を切り離し、乳頭を表に出します。
乳頭の基部に平行な上下切開を行います。乳頭が十分に突出するように、 癒痕組織や必要がある場合は乳管を切離していきます。
突出が十分なところで切開腺の端と端を引き寄せ縫合します。
傷跡はほとんど目立ちません
重度の場合
陥没乳頭の手術後
感覚が鈍くなるなどの報告はほとんどありません。
傷跡は、目立ちにくいところでもあり、全くわからなくなるといっても問題ないと思います。
陥没乳頭の手術は、基本的には乳頭が突出した状態を作ることにあります。
この突出を逆に押しつけないように、少なくとも1〜2ヶ月は気をつける必要があります。
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
城本クリニック新宿院
診療時間(土日・祝日も診察)
10:00〜19:00(完全予約制)
電話番号:03-5909-5380
フリーダイヤル:0120-107-929
美容外科・美容整形なら城本クリニック
美容外科/美容整形 城本クリニックの疾患別サイト
美容外科/美容整形 城本クリニックの各院別サイト
|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|
東京都新宿区西新宿1-4-2
141ビル6F