新宿 脂肪吸引

脂肪吸引とは

●脂肪吸引
脂肪細胞は成長期までに作られ、一定の数に達した後は増えたり減ったりすることはありません。一時的なダイエットなどでは、一つ一つの脂肪細胞の大きさが変わることでサイズダウンしているため、大きさが元に戻ってしまえばリバウンドしてしまいます。また、胸などの痩せてほしくない場所までサイズダウンしてしまうというデメリットもありました。脂肪吸引では気になる部位の脂肪細胞を直接吸引し、絶対数を減らしていきますので、気になる部位が確実に細くできリバウンドも無い確実な方法です。

食事療法や運動・エクササイズを行なって努力して体重を減らすことは可能でも、気になる部分だけ集中的にやせられるダイエット法はこれまでありませんでした。体重は落とすことができても、バストまでボリュームがなくなってしまった、女性らしいボディラインが失われてしまった、という話はよくあります。

脂肪吸引のメリットは、やせたい所だけをスリムにといった部分やせが可能なので、理想的なボディラインに近づくことができるということです。経験豊富な専門医による、体外式超音波脂肪吸引は脂肪吸引施術前に超音波を患部にあてることによって、脂肪を柔らかくし、その後で脂肪を吸引していきます。

その結果、

  • 内出血が少ない
  • 回復が早い
  • ムラが発生しにくい
  • 体への負担が少ない
  • 腫れや痛みも非常に少ない
  • 従来より広い範囲の脂肪吸引が可能

などといったメリットが多く得られます。もちろん脂肪吸引の基本である、皮下脂肪を丁寧に吸引していくという技術についても、専門医が行ないますので安心していただけます。城本クリニックでは、必要な時に超音波も利用しながら、細いカニューレで丁寧に脂肪をとっていくという、脂肪吸引のスペシャリストとして結果を出す姿勢は従来と変わりません。

城本クリニックの脂肪吸引

脂肪吸引の手術では、欧米では常識となっている全身麻酔・局所麻酔(硬膜外麻酔)二つの方法からご希望の方を選んでいただけます。眠っている間に手術を終わりたい方、知らない間に手術をされるのは不安だという方、その患者様のお気持ちを汲みとることも、専門医師として為すべきことであるという考えから、医師と相談して頂き、選んでいただいています。従来の脂肪吸引方法と比較すると痛みや内出血も少なく、個人差がありますが、治療後2~3時間休憩していただければ入院などの必要もありませんので、帰宅していただけます。治療時間は目安として、おなか全体で1時間30分くらい、太もも全体で2時間くらいです。その他ホホ、あごの吸引が20分くらい、上腕が30分くらいです。

治療後、患部を軽く圧迫するために包帯をしていただきますが、これはほぼ一日でとることが可能です。ですから、入院の必要もなく、翌日からデスクワーク程度の日常生活は可能です。アフターケアも万全で、再診や1ヶ月検診を実施しております。

関連サイトのご案内

もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい

オフィシャルサイトをリニューアルしました

pagetop