新宿 豊胸のアプローチ法

豊胸のアプローチ法

自分で豊胸の説明を聞いて確かめる(専門ドクターによる説明)

城本クリニックでは、その専門性を生かし、体型にあった・選んだバッグに合った豊胸の手術法を総合的に判断し、よりよい豊胸手術法を決定していきます。

一般的には下の図のように3つの豊胸手術方法に分かれます。ワキの下の小さな切開から、大胸筋の下か筋膜の下、乳腺の下に豊胸バッグを入れる方法です。
例えば痩せた体形で、バストがかなり小さい場合、選んだ豊胸バッグがラウンドタイプなら、大胸筋下に入れる方が自然な形になり、また、アナトミカルタイプなら乳腺下に入れる方法を選ぶことが多くなります。

こういう手術法の選択は、専門医ならではの判断を必要とします。

豊胸のアプローチ法

自分の目で豊胸バッグを見て確かめる(手術中にサイズや形を確認することもできます)

手術中に、豊胸バッグのサイズや形を見てみたいという希望に応えて麻酔法として硬膜外麻酔を用いて自分の眼で豊胸バッグを確かめることも可能です。また、手術中には完全に眠っていた方が良いという方のために、全身麻酔を選ぶこともできます。

このように、城本クリニックではその専門性を活かし、麻酔法もいろいろ選ぶこともできます。豊胸手術後も定期的に検診を行ない、バストの状態がベストであるように、アドバイスも行なっています。

豊胸体験者の河合つばきさん

体験者の河合つばきさん(グラビアモデル・21歳)

城本クリニックでは、カウンセリングから治療まで経験豊富な女性医師でのご案内も可能です

関連サイトのご案内

もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい

オフィシャルサイトをリニューアルしました

pagetop